イージークリーンとプロテクトクリーンの違い【実際に使用した感想】

悩む人のアイコン画像悩む人
ソニッケアーの電動歯ブラシを買いたいけど、イージークリーンとプロテクトクリーンって何が違うの?

このような悩みにお答えします。

この記事の信頼性

どちらの機種も使用経験あり。ソニッケアーのイージークリーンを2年以上使い、最近プロテクトクリーンに買い替えました。

イージークリーンとプロテクトクリーンのどちらも使用した経験から、その違いについて紹介します。

違いを正確に理解して、あなたに合った電動歯ブラシを選びましょう

目次

ソニッケアーシリーズの中の位置づけ

ソニッケアーシリーズは価格順で並べていくと、以下のようになります。

ソニッケアーシリーズ

【ローコスト】

  • クリーンケアー
  • イージークリーン
  • プロテクトクリーン
  • プロテクトクリーンプラス
  • プロテクトクリーンプレミアム
  • エキスパートクリーン
  • ダイヤモンドクリーン
  • ダイヤモンドクリーン9000
  • ダイヤモンドクリーンスマート

【ハイスペック】

イージークリーンは安価な方から2番目、プロテクトクリーンは3番目に位置づけられます。

クリーンケアだけ振動が弱く、イージークリーン以上の機種は「基本の振動強さは一緒」です。

上位機種になるほど、モードや付属品が増えていくと理解すればOKです。

ソニッケアーイージークリーンの特徴


うちにあるイージークリーン(実物)

イージークリーンの特徴は以下の通り。

イージークリーンの特徴
  • モードは基本の「クリーン」1種類、強弱変更も不可
  • クリーンモードの性能は最上位機種と同じ
  • 30秒ごとにお知らせ、2分で停止するカドペーサータイマーも最上位機種と一緒
  • 価格はプロテクトクリーンより安い
  • カラーは本体がホワイトにボタンがグリーンの1種類
  • その他、特別な機能なし

イージークリーンはソニッケアーで最も売れている機種で、一言で言えばコスパ最強です。

特徴を見て分かる通り「一番大事な基本磨きの性能は最上位機種と同じ、他に余計な機能が付いていないから安い」と理解しましょう。

ソニッケアープロテクトクリーンの特徴

うちにあるプロテクトクリーン(実物)

プロテクトクリーンの特徴は以下の通り。

プロテクトクリーンの特徴
  • モードは「クリーン」の1種類だが強弱を変えられる
  • ライトブルーとパステルピンク、ホワイト、ネイビーブルーの4種類のカラー
  • 力の入れすぎを知らせる過圧防止センサ付き
  • ブラシの交換時期を知らせるランプ付き

また、プロテクトクリーンにはノーマル版に加え、<プラス>と<プレミアム>という機種もあります。

<プラス>

  • ガムケア(歯茎ケア)モードが追加
  • 強弱も3種類に(弱・中・強)

<プレミアム>

  • クリーン、ガムケアモードに加え、ステイン除去に効果的なホワイトモードが追加
ORUのアイコン画像ORU
ちなみに、僕が持っているのはノーマル版のプロテクトクリーン(ライトブルーとパステルピンク)です。

ソニッケアーイージークリーンとプロテクトクリーンの違い比較

僕が実際に使っているイージークリーンとプロテクトクリーンを比較します。

イージークリーンとプロテクトクリーンの比較

イージークリーン プロテクトクリーン
価格 ◎(5,000円ほど) 〇(7,000円ほど)
価格確認用リンク Amazon
楽天

Yahooショッピング

Amazon
楽天

Yahooショッピング

カラー ホワイトのみ 4種類
モード クリーンのみ クリーンのみ
振動の強さ 強のみ 強弱の2種類
カドペーサータイマー
過圧防止センサ
ブラシ交換お知らせ

上記より分かる通り、イージークリーンとプロテクトクリーンの差は「価格、色、強弱切替、過圧防止センサ、ブラシ交換お知らせ機能」の大きく5つです。

どちらも使用した僕の率直な感想

結論を言うと、機能としてはイージークリーンで十分です。

なぜ僕が以前使っていたイージークリーンを変えたかというと、高い位置から落として壊したからです。

(さすがに壊れてもおかしくない勢いで落としました…)

その際、イージークリーンを買い直すか悩んだのですが、プロテクトクリーンを選んだ理由はただ一つ。

「見た目がプロテクトクリーンの方が好きだったから」です。

イージークリーンとプロテクトクリーンを比較した、項目別の率直な感想は以下の通り。

<価格>

変動大。僕が買ったときは2,000円以上差がありました。ほとんど価格差が無いときもあるので確認しましょう。

<色>

イージークリーンを洗面所に置くと緑のボタンが妙に目立つ… プロテクトクリーンの方がスタイリッシュです。

<強弱切替>

弱じゃ物足りません。強しか使わないです。

<過圧防止センサ>

意図的に強く押さない限りセンサが働きません。僕の磨く圧力だとこの機能は要らないです。

<ブラシ交換お知らせ機能>

これは少し便利かも。つい同じブラシを使い続けてしまうので。

以上より、まずイージークリーンとプロテクトクリーンの見た目を確認してください。

イージークリーンのデザインで問題ない人はイージークリーン一択です。

購入は以下から可能です。

プロテクトクリーンのデザインの方が好きな人は、価格を確認して許容範囲な価格差ならプロテクトクリーンを購入しましょう。

購入は以下から可能です。(ライトブルーとパステルピンクの購入用リンクです)

ORUのアイコン画像ORU
以上、実際に2つとも使った僕の感想でした。ご参考まで。
目次
閉じる