ドルチェグストとネスプレッソの比較はこちら

ネスプレッソはまずい?実際に使った感想を紹介【まず飲んでみて】


悩む人
ネスプレッソがまずいっていう人もいるけど、実際のところどうなのかな?

このような悩みにお答えします。

この記事の信頼性

実際にネスプレッソを所有し、日常的にエスプレッソなどを飲んでいます。



この記事では、日常的にネスプレッソを使用している経験からネスプレッソの味がまずいのかどうか」について紹介します。


人によっては「ネスプレッソがまずい」と感じる人もいるかもしれませんので、参考してみてください。

目次

ネスプレッソはまずい? → 美味しいと思います


ネスプレッソはまずいのでしょうか?

結論から言うと、ネスプレッソで抽出されるエスプレッソはとても美味しいと思います。


エスプレッソとは、コーヒー抽出時に高い圧力をかけることで豊かな風味が感じられる飲み物です。

ネスプレッソでは抽出の際に19気圧という高い圧力をかけるため、コーヒー豆の風味がしっかり抽出されます。

ミルク多めのメニューを作ったとしても、エスプレッソの風味がちゃんと感じられますね。


喫茶店のエスプレッソより抜群に美味しいとまでは言いませんが、喫茶店と同等のエスプレッソだと思います。

ネスプレッソがまずいと感じる人の特徴


感じ方は人それぞれですので、もちろんネスプレッソが美味しく感じられない人もいるでしょう。

特に、以下の3つに当てはまる人はネスプレッソがまずいと感じてしまうかもしれません。

普通のコーヒーを想像してネスプレッソを飲む

ネスプレッソはエスプレッソマシンです。

エスプレッソをあまり飲んだことがない人で、普通のドリップコーヒーのようなイメージで飲むと苦く濃く感じるでしょう。


そのような場合、ネスプレッソでアメリカーノを作って飲んでみてはいかがでしょうか。

アメリカーノなら普通のコーヒーのように飲むことができますし、エスプレッソの風味を感じることもできます。


ネスプレッソでアメリカーノを作る方法については以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【ネスプレッソが濃い】普通のコーヒーのように飲む方法とは【簡単】 このような悩みにお答えします。 この記事の信頼性 ネスプレッソ(エッセンサミニ)を所有し、アメリカーノを頻繁に作って実際に飲んでいます。 ネスプレッソの本格エス...



自分に合ったカプセルを選べていない

ネスプレッソのカプセルは30種類ほどあります。

それぞれのカプセルには「味わいの深さ」という数値が設定されています。

また、ココアの香りがするものや果実の香りがするものなど、カプセルの特徴はさまざまです。


そのため、1つのカプセルでネスプレッソを飲んで美味しくないと思った場合、カプセルが合っていないだけの可能性があります。

少なくとも4〜5つくらいは試してみると、徐々にハマってくるかもしれません。


各カプセルの特徴は以下の公式サイトで詳しく確認できます。

>>ネスプレッソ公式サイト

ORU
特徴を見ながらカプセルを選ぶ工程自体も楽しいですよ。

1回飲んだだけで飲まずぎらい状態

繰り返しになりますが、1回飲んだだけだと「苦くて濃い」だけ終わってしまう可能性があります。

エスプレッソは何度か飲むと風味の違いなどが分かってきますし、エスプレッソが苦手でもルンゴやアメリカーノなどの飲み方もあります。


あと、ミルクメニューが好きな人はぜひネスプレッソのエスプレッソを使って作ってみてください。

専用のエアロチーノ(ミルク加熱泡立器)がなくても、レンチンしたミルクにエスプレッソを注ぐだけでいいです。

試してみると「あれ、カフェみたいじゃん」と思う人も多いかと思います。

ネスプレッソを自宅に導入してじっくり試そう


もともとエスプレッソが好きな人でないと、ネスプレッソの良さは1回飲んだだけでは分からないかもしれません。

ネスプレッソを持っていない人は、ぜひネスプレッソを自宅に導入してみるといいと思います。

僕はエッセンサミニを自宅に置いていますが、小さいですし見た目もおしゃれです。

イメージ画像です

しかも、ネスプレッソマシンは格安で手に入れることが可能です。

ネスプレッソマシンの購入方法

ネスプレッソマシンの購入は以下の公式サイトから可能です。


また、ネスプレッソ各マシンの特徴については以下の記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
【2021版】ネスプレッソマシン本体を徹底比較【種類別おすすめ】 このような悩みにお答えします。 この記事の信頼性 ネスプレッソのヘビーユーザーで、マシンについて頻繁に調べています。(エッセンサミニ所有) この記事では、ネスプ...


ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は以上になります。

目次
閉じる